透明島、神秘景観
いにしえの神話舞台へ。
海岸線沿いを取り囲む奇岩や断崖絶壁。
そして、透明度日本一に選ばれたこともある美しい海。
ここ神津島は、遥か昔、伊豆諸島を創造するために7人の神々が集まったという伝説の島。

神津島温泉保養センター
(露天風呂は要水着)

サウナや打たせ湯、かぶり湯など6種類ものお風呂が楽しめる充実した温泉リゾート施設。

神津島港からバスで5分

千両池

神津島の秘境「千両池」。とても神秘的で観光客が少なくおすすめスポットです。

不動池(天上山)

天上山の上にあるハートの池。雨が降らないとすぐに枯れてしまうのでハートの池を見るために登山される方も多いんです。

東海汽船 所要時間:東京・竹芝から高速ジェット船で約3時間45分、大型客船で約12時間(夜行)

※所要時間は通常の時間となります。天候等により多少異なる場合があります。

  • 神津島を知ろう
  • 山も海も楽しみたい
  • お土産

大島を知ろう

前浜・水配り像

村の正面、前浜沿いの道路脇にたたずむ像は、神津島の名の由来を物語るシンボル。
その昔、“島の神々が集まってそれぞれの島に水を配分する会議を開いた”という神話の象徴です。伊豆諸島の中でも特に良質で豊かな水に恵まれた、神津島ならではの逸話です。

神津島港から徒歩3分

ありま展望台

江戸初期のキリシタン殉難者“おたあジュリア”を偲ぶ、白亜の十字架が隣接。
キリシタン禁令にふれ流罪となった後、島の人々の生活向上に尽くした彼女の記念碑です。

神津島港から徒歩30分

山の神・冷風穴

夏季、石の隙間に手を差し伸べると冷気が!!
黒島登山口まで行く途中に位置しますが、見つけられるかな。

ぶっとおし岩

「ぶっとおす」...強い力で貫き通すの意。波浪によって出来たこの岩穴は、ひんやりしていて天然のクーラーを味わえます。

松山遊歩道

多幸湾と三浦湾の間から突き出た岬にあり距離にして約1km、約30分ほど島特有の海岸線の美観と爽快な潮風に包まれた心地よいハイキングが楽しめます。

お水取り名水 多幸湧水

「東京の名湧水57選」のひとつ。天上山に降った雨が、多幸海岸付近から湧き出しており、季節を問わず清冽な湧水。お水取りは、マイナスの気からプラスの気に変えるような効果がありますのでパワーをもらいにGo!

山も海も楽しみたい

新東京展望地(天上山)

花の銘仙にも選ばれた天上山。ここからは伊豆諸島の島々と房総半島を眺めることができます。

裏砂漠(天上山)

山の上とは思えない、まるで月の地表のような独特の光景を見ることができる、天上山でも一押しスポットです。

赤崎海水浴場・遊歩道

島の北端、赤崎の海岸沿いにつづく風情溢れる木造の遊歩道は、のんびり散策派にぴったり。島有数のダイビングスポットとしても知られ、多くのダイバー達から愛されています。

神津島港からバス15分、赤崎遊歩道下車すぐ

多幸湾海水浴場

海水浴をはじめ、サーフィン、ボードセイリング、ダイビングなど、マリンスポーツを満喫したい方におすすめのビーチ。
日の出の美しさは折り紙付きで、湾内に浮かぶ丸島のシルエットに誰しも目を奪われます。

多港湾から徒歩5分

前浜海水浴場

美しい白浜が広がる島内で最も人気の高いビーチ。神津島港からほど近く、村落や宿からの地の利の良さが魅力です。

神津島港から徒歩3分

沢尻湾海水浴場

小さな入江に囲まれた波穏やかなビーチ。近くにある、海が見渡せる露天風呂に浸かれば、終日リラックス三昧と洒落込めます。

神津島港からバス3分、沢尻海岸下車すぐ

お土産

赤いか入塩辛

島みやげNo.1の赤いかと島唐辛子を使った塩辛。辛口・中辛・甘口の3種が販売されていますが、ごくごくたまーに激辛が販売されていることも!

焼酎 盛若

神津島名産の焼酎。清らかな天然水を使って樫樽で熟成させた、伊豆諸島で一番愛されるお酒です。

ところてん

神津島は天草の名産地。ところてんの素になる天草が豊富に獲れ、とても栄養がございます。お肌にも美容にも良い式根島のところてん、いかがでしょうか?

※詳しい情報や詳細は、変更がある場合もございます。最新情報は、以下HPも合わせてご確認ください。

神津島観光協会
http://www.kouzushima.org/